最新版!HMBサプリ徹底比較

トレーニングを無駄にするな!
頑張ってトレーニングしたあとは、HMBを飲め! 2019年度版HMBサプリ徹底比較!

►運営者情報

「初心者必見! HMBサプリメントを選ぶ3つのポイント」

HMBサプリメントは、さまざまな種類があります。一体どのHMBを選べばいいのか、初心者の方ほど迷いますよね。そこで、今回は初心者の方に向けて、HMBを選ぶ3つのポイントについてご紹介していきます。

 

1.ポイント①:HMBの配合量を知る

HMBサプリメントには、HMBがそのまま配合されているわけではありません。HMBとカルシウムが結合した成分の、「HMBカルシウム」が原料として配合されています。なぜカルシウムと結合してHMBを添加するのかというと、品質の安定のためです。HMBはカルシウムと合わさることで安定性が高まるため、HMBサプリメントの原料としてHMBを配合するときは、HMBにカルシウムを結合させた「HMBカルシウム」を使用するのが一般的です。

 

また、商品によっては、「HMB〇〇◯◯mgを高配合!」のように、配合量が高いことをウリにしているHMBサプリメントがあります。ですが、表記されているHMBの配合量が正しいとは限りません。HMBサプリメントの原料=HMBカルシウムなので、HMBの配合量の割合が少し落ちます。

では、一体どうすれば正しいHMBの配合量を知ることができるのかと、疑問に思いますよね。 そこで、HMBの配合量が簡単に分かる、計算方法をご紹介します。

 

(HMBの配合量の計算方法)

HMBの配合量=HMBカルシウム量×0.8

 

HMBカルシウムに含まれるHMBの配合量は、約80%です。HMBカルシウム2000mgと表記されているなら、その中に含まれるHMBの配合量は1600mgとなります。(計算式:2000mg×0.8=1600mg)

「HMB〇〇◯◯mgを高配合!」のような謳い文句に惑わされず、HMBサプリメントの裏面に記載されている成分表をもとに、HMBの正確な配合量を知ってから購入しましょう。

 

2.ポイント②:自分の重視したいポイントに応じて選ぶ

HMBサプリメントは、自分の【重視したいポイント】応じて選ぶことが大切です。というのも、選び方を間違えれば、デメリットにつながる可能性があるからです。また、「HMBサプリメント」と一口に言っても、HMBサプリメントは大きく分けて3種類あります。HMBのサプリメントの詳しい種類は、以下のとおりです。

 

(HMBサプリメントの種類)

①「HMBカルシウム」のみが含まれたHMBサプリメント

②「HMBカルシウム」+「甘味料・香料」が含まれたHMBサプリメント

③「HMBカルシウム」+「その他有効成分(クレアチンなど)」が含まれたHMBサプリメント

 

飲みやすさを出すために甘味料・香料を添加しているタイプや、その他有効成分を合わせることで、相乗効果を狙ったHMBサプリメントもあります。それぞれにメリットがありますが、甘味料・香料・その他有効成分が含まれていると、HMB以外の成分が多いことになります。つまり、HMBカルシウム以外の成分は添加物になるため、サプリメント全体を見るとHMBの配合量が下がってしまうのです。

 

  • 【重視するポイント】と具体的なHMBのサプリメントの選び方

では、一体どのHMBサプリメントを選べばいいのか? という問題が起きます。選び方は難しくはありません。自分の【重視したいポイント】を基準にすれば、簡単に解決できます。まず、なぜHMBサプリメントを手に入れたいのかを考えてみましょう。トレーニングアップ効果を高めたいから、減量中なのでなるべくカタボリックを抑えたいから、などの目的があるはずです。HMBサプリメントはトレーニング効果アップ・カタボリックを防ぐ効果が期待できるため、どのHMBサプリメントでも両者の目的はクリアーできるでしょう。

 

しかし、その他に【重視したいポイント】があるはずです。例えば、飲みやすいのがいい、よりトレーニングアップ効果がほしい、コストパフォーマンスが高いほうがいい、HMBの配合量が多い方がいい、などです。このような【重視したいポイント】の中で、「HMBの配合量が多いほうがいい」と考えている人がいると仮定しましょう。そこで選ぶべきサプリメントは、①の「HMBカルシウム」のみが含まれたHMBサプリメントがベストです。HMBカルシウムの量が分かりやすいので、どのくらいHMBが配合されているかが明確になります。

 

反対に、②「HMBカルシウム」+「甘味料・香料」が含まれたHMBサプリメントや、③「HMBカルシウム」+「その他有効成分(クレアチンなど)」が含まれたHMBサプリメントは適さないことになります。②と③はHMBカルシウム以外の添加物が多いため、正確なHMBの配合量が分かりづらくなります。また、HMBの摂取量を満たすために、摂取する回数が増えるでしょう。従って消費量が増え、コストパフォマンスが悪くなり、デメリットが増えます。

 

ですが、甘味料や香料が添加されたHMBサプリメントが、悪いわけではありません。HMBサプリメントは独特なクセがあるため、そのままでは飲みにくいことがあります。人によっては、甘味料・香料が含まれたHMBサプリメントが合っていることもあります。【重視したいポイント】が「飲みやすさ」なら、②のHMBサプリメントを選ぶのがベストということになります。

 

自分がHMBの配合量を重視するのか、飲みやすさや継続しやすさを重視するのか、自分の【重視したいポイント】に応じて、HMBサプリメントを選びましょう。

 

3.ポイント③:相乗効果を狙うならその他配合成分に注目する

クレアチン、グルタミン、BCAAなど。HMBサプリメントに、その他成分が添加されているHMBもあります。「HMBの基本的な飲み方とは? 効果を最大限に発揮するプロの技も伝授!」の記事に記載している通り、クレアチンとHMBをあわせて飲むと、トレーニング効果が高まるという研究結果が発表されています。ですので、トレーニングアップ効果が欲しいという方には、クレアチンが添加されているHMBを選ぶと、相乗効果が期待できます。選び方のポイントの1つとして、覚えておきましょう。

 

4.HMBサプリメントの選び方まとめ

HMB選びの3つのポイントについてご紹介してきました。1つめのポイントは、「HMBの配合量を知ること」。2つめのポイントは、「重視したいポイントに応じて選ぶこと」。3つめのポイントは、「相乗効果を狙うならその他配合成分に注目すること」でした。

 

選び方をまとめると・・・「HMBの配合量を知り、自分の重視したいポイントに合わせ、相乗効果を狙いたいのであれば、その他配合成分が合わさったHMBサプリメントを選ぶこと」です。自分に合ったHMBサプリメントを選び、トレーニングとともに活用していきましょう!